前へ
次へ

一戸建てでの生活をどのように行うかを

住まいにこだわりを持つ人は、注文住宅で戸建てを建てることが多いです。
一戸建ては断熱性や気密性にその性能が左右されます。
複層ガラスなどは輸入住宅などで人気があります。
二層ガラスがあると、夏は日射熱の流入を防げます。
冬は暖房熱の流出を防ぐことが可能となります。
一戸建ては集合住宅よりも通常は断熱性や気密性が低いです。
二層ガラスなどの導入によって、一戸建ての住まいの断熱性と気密性を高めることができます。
住まいの断熱性と気密性を高めるには、アルミサッシを工夫すると良いです。
複合サッシは高い断熱効果があり、結露の発生も防いでくれます。
住まいを建てる際には汚れに強い素材を活用することも大切です。
タイルは汚れが付着しにくくて、汚れを雨と一緒に流れ落とすことも可能です。
外壁にタイルを作るのは人気があり、外壁の美しさを長時間保つことができたりします。
住まいでの生活を考える時は、長期的な視点を持つ必要があります。

Page Top